後払いアプリ現金化の方法

楽天ペイ後払い決済の現金化方法とは?使い方や審査についても解説

楽天ペイ後払い決済の現金化方法とは?使い方や審査についても解説

楽天ペイには後払い決済機能が付いているのをご存知ですか?

楽天ペイには最大53,999円の後払い決済機能が実装されています。

審査は甘く信用情報も関係ないのでブラックでも利用可能です。

そんな楽天ペイ後払い決済を現金化する方法も存在します。

この記事では、そんな楽天ペイの後払い決済現金化方法、注意点、よくある質問について解説します。

高橋 達也
(元現金化業者)
高橋 達也
(元現金化業者)
そもそも楽天ペイの後払い決済とは?という疑問から楽天ペイ後払い決済の現金化をスムーズに行う方法まで解説していますのでぜひご覧ください!

楽天ペイの後払い決済って?

楽天ペイの後払い決済って?

楽天ペイの後払い決済について、現金化する際に気になるポイントをまとめてみました。

  • 後払い決済の限度額
  • 審査について
  • 使える場所

後払い決済の限度額

楽天ペイ後払い決済の限度額は53,999円です。

なお、サービス名は『楽天ペイ後払い決済』ですが実際の後払い決済サービスは次の2社いずれかが提供しています。

  • アトディーネ(ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社)
  • NP後払い(株式会社ネットプロテクションズ)

ですので、上記いずれかで支払いの済んでいない利用額が残っていれば53,999円満額決済することは出来ません。

高橋 達也
(元現金化業者)
高橋 達也
(元現金化業者)
また、楽天ペイ後払い決済の利用歴が浅い場合も利用可能額が下がることがありますので事前に理解しておきましょう。

審査について

先ほどもお伝えした通り、楽天ペイの後払い決済はアトディーネまたはNP後払いにより提供されています。

アトディーネまたはNP後払いどちらの後払い決済を利用するかは選択出来ず、いずれかの後払い決済サービスによる審査が行われる仕組みです。

ですので、いずれかの後払い決済の支払い遅延や滞納歴がある場合は審査に落ちてしまうでしょう。

とはいっても、アトディーネまたはNP後払いどちらも信用情報機関の登録はないのでブラックでも審査に通過する可能性は十分にありますよ。

使い方・使える場所

楽天ペイの後払い決済が使える場所は楽天市場でのオンラインショッピングに限られます。

楽天ペイ自体は街のショッピングにも利用できますが、後払い決済は実店舗では使えない点に注意しましょう。

使い方としてはシンプルで楽天市場の支払い方法選択画面において『後払い決済』を選ぶだけでOKなので簡単に利用出来ます。

楽天ペイの後払い決済を現金化する方法と手順

楽天ペイの後払い決済を現金化する方法と手順

楽天ペイの後払い決済を現金化するには『楽天市場で商品を購入し、転売する方法』しかありません。

とは言うものの、すべての商品が楽天ペイの後払い決済で購入できるわけではなく換金性の高い商品は購入出来ないことがほとんどです。

そこでおすすめしたい業者が後払いアプリ・決済専門の現金化業者『カウール』。

カウール

カウールは後払いアプリ・決済で購入できる最も換金率の高い商品を教えてくれるだけでなく、紹介した商品をそのまま買い取ってくれます。

そのため、換金性の高い商品を探すのが難しい楽天ペイの後払い決済でもスムーズに現金化出来るということです。

さらに、換金率70%以上は保証してくれますし商品到着後には即時振り込みしてくれます。

楽天ペイの後払い決済現金化においてこの上ない業者ですので、現金化予定の方はこちらからお友達登録しておきましょう。

カウールの公式サイトはこちら

楽天ペイの後払い決済を現金化した後の支払い方法は?

楽天ペイの後払い決済を現金化した後の支払い方法は?

楽天ペイの後払い決済を現金化した後の支払い方法は下記の2種類です。

  • コンビニ
  • 銀行振り込み

商品発送後に商品とは別に届く請求書はがきを、上記いずれかに持参して支払います。

なお、楽天銀行口座と楽天銀行アプリがあれば『楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)』が利用可能です。

こちらの楽天銀行コンビニ支払サービスを利用すれば、本来かかるはずの後払い決済手数料250円がかかりません。

なので、楽天銀行口座と楽天銀行アプリがある方は楽天銀行コンビニ支払サービスのご利用をおすすめします。

楽天ペイ後払い決済現金化の注意点

楽天ペイ後払い決済現金化の注意点

楽天ペイ後払い決済を現金化する際は以下の点にご注意ください。

  • 手数料が250円かかる
  • 支払いまで2週間しかない

手数料が250円かかる

楽天ペイ後払い決済には1回あたり250円の手数料がかかります。

1回の決済につき250円かかりますので、例えば1万円の決済を2回した場合は500円分の手数料がかかるということです。

そのため、より少ないコストで現金化したい場合は決済回数をなるべく少なくすることがポイントです。

支払いまで2週間しかない

楽天ペイ後払い決済の支払い期限は請求書発行後14日以内です。

他の後払いアプリ・決済は翌月払いのところも多い中で楽天ペイ後払い決済の支払い期限は短いのでご注意ください。

楽天ペイ以外の後払いアプリと現金化方法

楽天ペイ以外の後払いアプリと現金化方法

楽天ペイの後払い決済に審査落ちしてしまった方や支払い期限の短さに不安がある方もいるでしょう。

そんな方には楽天ペイ後払い決済以外の現金化もおすすめです。

たとえば・・・

などなど、楽天ペイ後払い決済同様に審査が甘い後払いアプリと現金化方法も存在します。

高橋 達也
(元現金化業者)
高橋 達也
(元現金化業者)
上記の後払い決済を既に試したという方は、以下のページにてその他の後払いアプリと現金化方法をご紹介していますのでご覧ください。

後払いアプリと現金化方法はこちら

楽天ペイの後払い決済現金化によくある質問

楽天ペイの後払い決済現金化によくある質問

楽天ペイの後払い決済現金化によくある質問をご紹介します。

  • コンビニでも使える?
  • ゲームは購入できる?
  • 支払いが遅れたらどうなる?

コンビニでも使える?

楽天ペイ自体はコンビニでも利用可能ですが、後払い決済はコンビニでは使用できません。

後払い決済の支払いはコンビニでも可能です。

ゲームも購入できる?

楽天市場であれば、楽天ペイ後払いを使ってゲームの購入も可能です。

しかし、ゲーム類は金券やブランド品と並び換金性が高く現金化に使われやすい傾向にあります。

そのため、ゲーム類は限られたショップや限られた商品でしか購入出来ないケースがほとんどなんです。

支払いが遅れたらどうなる?

支払いが遅れても支払い自体は可能です。

■後払い決済の請求書の支払い期限を過ぎてしまいました
お手元の請求書にてそのままお支払いが可能です。可能な限りお早めにお支払いください。
引用:【楽天市場|公式ヘルプ】後払い決済でのお支払い方法

ただし、あまりにも滞納が続くと楽天ペイの後払い決済の利用停止だけでなく遅延損害金を請求される可能性もあります。

ですので、たとえ滞納してしまってもお支払いするのが賢明です。

楽天ペイの後払い決済を現金化してお金のピンチを切り抜けよう!

楽天ペイの後払い決済を現金化してお金のピンチを切り抜けよう!

今回は楽天ペイの後払い決済現金化方法を解説してきました。

楽天ペイの後払い決済は使える場所は限られていて現金化しにくいかと思われましたが、業者に依頼してしまえば解決出来ましたね。

業者を利用するといっても、現金化業者『カウール』にLINEで依頼すれば現金化までの手続きをすべてサポートしてくれるので難しい手続きは必要ありません。

より簡単に楽天ペイの後払い決済を現金化したいならば、カウールに依頼すれば間違いないですよ。

公式サイトにあるLINEお友達追加から現金化までの手続きを行えますので、楽天ペイの後払い決済を現金化してお金を用意したい方はぜひお問い合わせしてみてくださいね。

カウールの公式サイトはこちら

おすすめの現金化業者を紹介!

今すぐにお金を用意するなら【いつでもペイ】

いつでもペイ
換金率 80%~
入金時間 最短5分~即日
おすすめポイント
  • 誰でも一律80%以上の換金率!
  • 平均30分の即日入金が可能!
  • 後払いアプリの換金にも対応!
口コミ評価
(5.0 / 5.0)

いつでもペイは換金率を一律80%以上で提供しています。

平均30分で入金まで対応してくれるので、お急ぎの方にもぴったりです。

また、業界でも珍しく後払いアプリの現金化にも対応しています。

今すぐにお金が必要な方はいつでもペイにお問い合わせください。

いつでもペイの公式HPはこちら