ツケ払い現金化業者

ペイターの後払い(ツケ払い)には一切返済する必要がない!その理由を解説します!

ペイターの後払い(ツケ払い)には一切返済する必要なし!その理由とは
  • 「ペイターの後払い(ツケ払い)手数料が高すぎる。」
  • 「ペイターの後払い(ツケ払い)の返済が間に合わない。」
  • 「できることなら、ペイターの後払い(ツケ払い)の取り立てを無視したい・・・。」

支払い負担の大きいペイターからの借金返済に悩まされている方は多いのでは?

他の後払い(ツケ払い)現金化業者の返済に追われている方もいらっしゃるかと思います。

結論をお伝えしますと、ペイターのような後払い(ツケ払い)現金化業者は実質的なヤミ金なので返済しなくても全く問題ありません。

しかし、ペイターでする後払い(ツケ払い)の現金化の返済をなにもせず放置してしまうと危険な目に遭う危険性が大きいので十分にご注意ください。

こちらでは、ペイターでする後払い(ツケ払い)現金化に返済しなくてもいい理由や返済を放置したときのリスクについて解説します。

ペイターの借金を帳消しにする方法もご紹介しておりますので、ご参考にしてくださいね。

ペイターの借金を帳消しにするには?

ペイターへの対処方法

ペイターの後払い(ツケ払い)はヤミ金なので返済しなくていい!

ペイターの後払い(ツケ払い)はヤミ金なので返済しなくていい!

冒頭でもお伝えした通り、ペイターの後払い(ツケ払い)現金化は実質的なヤミ金なので返済する必要は一切ありません。

ヤミ金には利息だけでなく、元金も返済する必要がないと法律で決まっているからです。

(不法原因給付)
第七百八条 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。
引用元:民法 | e-Gov法令検索

実際に裁判でも、『ヤミ金に既に支払ってしまった元本・利息は全額請求することができる』との判決が出ています。

平成20年6月10日、「ヤミ金融業者が著しく高利で貸し付けた場合、利息分だけでなく、支払った元本・利息の全額を損害として請求することができる」旨の判断が最高裁において下されましたので、概要を公表します。引用元:ヤミ金融業者に係る最高裁判決の概要について:金融庁

したがって、ペイターのようなヤミ金には返済する必要がないといえるでしょう。

ペイターの後払い(ツケ払い)サービスがヤミ金といえる2つの理由

ペイターの後払い(ツケ払い)サービスがヤミ金といえる2つの理由

そもそも、なぜペイターがヤミ金といえるのか気になる方もいらっしゃるのでは?

「法的にはグレーだからヤミ金ではないのでは?」という疑問もあるかと思います。

そこでこちらでは、ペイターがヤミ金といえる2つの理由について解説します。

  • 無許可で貸金業を営んでいる
  • 出資法の制限を超えた貸し付けをしている

また、SKペイという後払い現金化業者と系列との噂があります。

こちらの業者も違法な営業を行っており、非常に危険性が高いです。

あくまでも、口コミの噂ですが関連性があるならペイターの危険性はさらに高まります。

SKペイの公式HP
SKペイの後払いは手数料が高額すぎる!借金を0円にする方法を紹介SKペイは、後払いで買い物代行サービスを提供する業者です。しかし、利用者に対して違法な手数料を請求していました。この記事では、SKペイが提供する後払いサービスの内容や違法性を解説しています。また、借金を0円にする方法も紹介しているのでご確認ください。...

無許可で貸金業を営んでいる

本来、お金の貸し借りを商売とする場合は貸金業者として金融庁に届け出が必要です。

にもかかわらず、ペイターの後払い(ツケ払い)現金化は貸金業許可を持たずに実質的な貸金業を運営しています。

金融庁の登録貸金業者情報検索サービスでも検索したので、ペイターが貸金業許可を持っていないのは間違いありません。

「借金ではなく給料の買取」を謳っていた給料ファクタリングも結局は摘発されました。

仕組みは給料ファクタリングも後払い(ツケ払い)も変わりませんので「後払いできる買物代行」を装っているペイターがヤミ金として摘発される日もそう遠くはないでしょう。

出資法の制限を超えた貸し付けをしている

出資法の制限を超えた貸し付けを行うペイターは、完全なるヤミ金業者です。

出資法ではお金を貸し付ける業者は、年20%を超える利息での貸付を禁止しています。

そんななかでペイターの手数料は月50%かかってくる上に、年利換算すると年600%の利息となるので完全に利息制限オーバーです。

660名無しさん@お腹いっぱい。2020/08/13(木) 14:47:20.55ID:OU8JX8eX0>>661
ペイターくそじゃん
1.5-3返し給与日だって
引用元:後払い(ケツ払い)現金化情報スレ8

10日で1割(トイチ)の利息を取るヤミ金ですら、年365%の利息なのでいかにペイターの利息が高いかお分かりいただけるでしょう。

出資法の制限を大幅にオーバーして貸し付けをするペイターは、間違いなく出資法違反のヤミ金といえます。

ペイターの後払い(ツケ払い)した返済を放置するとどうなるか?【5ch口コミ】

ペイターの後払い(ツケ払い)した返済を放置するとどうなるか?【5ch口コミ】

ただし、難しい点はペイターが違法なヤミ金だからといって返済を放置していいわけではないということです。

もし仮にペイターの返済を放置してしまうと、次の5ch口コミにあるような嫌がらせをされる危険性があります。

122名無しさん@お腹いっぱい。2020/12/09(水) 14:58:44.38ID:mCyH0GWj0>>136
早くもペイター支払い間に合わないことが確定したわ、飛ばしたらヤバいかな?

136名無しさん@お腹いっぱい。2020/12/09(水) 15:24:26.67ID:iaNE9WNc0
>>122
会社と緊急連絡先に電話来たよ。
会社は詐欺の電話と思ってくれたからなんとかなったけど、
引用元:後払い(ツケ払い)現金化情報スレ33

勤務先や緊急連絡先に連絡が入ると関係者に迷惑をかけるだけでなく、ご利用された方の信用問題にも関わります。

返済を放置して取り返しの付かない事態になる前に、次でご紹介する対処法を取ってください。

ペイターの後払い(ツケ払い)の取り立てに対する2つの対処方法

ペイターの後払い(ツケ払い)の取り立てに対する2つの対処方法
ここまでの内容をおさらい!
  • ペイターの後払い(ツケ払い)には返済する必要はない。
  • しかし、ペイターの後払い(ツケ払い)の返済を放置すると嫌がらせを受けてしまう・・・。

それではどうすればいいのか?

ペイターを利用してしまった方の対処方法は、次のような方法が考えられます。

  • 自分でペイターに交渉する
  • 弁護士を入れて交渉してもらう

ちなみに、交渉にかかる労力や得られる成果を考えると弁護士へのご相談がおすすめです。

それでは、見ていきましょう。

自分でペイターに交渉する場合

自分でペイターと交渉して分割・延滞を認めてもらう方法もありますが、こちらはおすすめしません。

なぜなら、ペイターなどの後払い(ツケ払い)現金化業者では、交渉しても取り合ってくれないことがほとんどだからです。

ヤミ金のように厳しく詰められた上に、なんとしても回収するために利用者にとって厳しい返済プランを提示してきます。

業者との直接交渉は精神的負担が大きい上に、返済日や負担額が大きく変わることもないのでおすすめできません。

弁護士を入れて交渉してもらう場合

弁護士に相談すれば、業者との間に入ってくれるので直接業者と関わることもありません。

取り立てや嫌がらせも止めててくれますし、支払い義務もすべて帳消しにしてくれるのがメリットです。

ペイターだけでなく他の後払い現金化業者やヤミ金からの返済にも対応してくれますので借金の負担から解消されますよ。

借金の精神的負担や経済的負担が解消されますので、費用を考えても弁護士へご依頼されたほうがお得といえるでしょう。

ペイター後払い(ツケ払い)サービスでお悩みの方は弁護士にご相談ください!

ペイター後払い(ツケ払い)サービスでお悩みの方は弁護士にご相談ください!

結論として、ペイターの後払い(ツケ払い)現金化は実質的なヤミ金なので返済する必要は一切ありません。

ペイターは『貸金業法違反・出資法違反』などの違法性があるため、ヤミ金として十分に認められます。

ただし、ヤミ金だからといって返済を放置する・自分で交渉するのは危険なので、専門の弁護士へのご依頼をおすすめします。

とくに、永井法律事務所が運営する闇金ホットラインは他社では対応していない後払い(ツケ払い)現金化などのグレーなヤミ金の解決実績も豊富です。

闇金ホットラインとは?【グレーな闇金にも完全対応】
また、後払い(ツケ払い)現金化をはじめ、次のようなヤミ金にも対応しています。

対応可能なヤミ金一覧
  • 後払い(ツケ払い)現金化
  • 給料ファクタリング
  • 個人間融資
  • ソフト闇金

ご利用いただければ現在利用中のヤミ金からの『嫌がらせや取りたてを完全ストップすることはもちろん、ヤミ金への返済義務を帳消しにすることも可能』です。

つまり、申し込んだその日から借金で悩まされることがなくなります。

ヤミ金や借金に対する悩みや不安の相談は、完全無料で受け付けていますのでお悩みの方はお気軽にご相談くださいね。

借金問題をスピード解決!

闇金ホットラインで無料相談してみる

ABOUT ME
この記事の監修者:永井 博也 弁護士
この記事の監修者:永井 博也 弁護士
永井法律事務所 代表弁護士。東京弁護士会 所属。闇金問題に特化しており、給料ファクタリングや後払い現金化といった多様化する闇金問題にも幅広く対応。闇金に強い弁護士として広く知られている。月間にして50件以上、年間600件以上の闇金問題を解決しており、豊富な実績を誇る。現在、コロナ禍でお金に困る人のために質問・相談を何度でも完全無料で受付中。