後払いアプリ現金化の方法

atone(アトネ)の現金化はどうやる?メリット・デメリットも解説

atone(アトネ)の現金化はどうやる?メリット・デメリットも解説

atone(アトネ)は、後払い決済サービスを提供している業者です。

簡単な手続きだけで後払いでの購入できるため、atone(アトネ)での後払い現金化を考えている方も多いのではないでしょうか。

たしかにatone(アトネ)は便利なサービスですが、利用する前に知っておくべき注意点やデメリットがあるので、思わぬトラブルを防ぐためにも、しっかり確認しておきましょう。

今回は、atone(アトネ)で現金化する方法やメリット・デメリット、atone(アトネ)の利用に関するよくある質問などを詳しく紹介していきます。

高橋 達也
(元現金化業者)
高橋 達也
(元現金化業者)
atone(アトネ)について詳しく知りたいという方も、ぜひ参考にしてください。

atone(アトネ)って何?

atone(アトネ)って何?

atone(アトネ)はネットショップや実店舗でのショッピング代金を後払いにできる決済サービスです。

電話番号を認証するだけで登録できるため、クレジットカードがなくても気軽に後払い決済が利用できます。

まずは、atone(アトネ)について以下の項目を詳しく見ていきましょう。

  • 利用限度額
  • 使えるお店
  • 審査

利用限度額

atone(アトネ)の利用限度額は、最大5万円です。

ただし、あくまでも「最大」なので、実際の利用限度額は状況に応じて変動します。

最初から5万円の後払い決済が利用できるわけではないので注意しましょう。

使えるお店

atone(アトネ)は実店舗・ネットショップのどちらでも使えますが、対応店舗は限られています。

atone(アトネ)が使える主なお店は下記のとおりです。

ネットショップ 実店舗
  • まんが王国
  • アサヒシューズ株式会社
  • ヤオコー ネットスーパー
  • Qoo10
  • ComicFesta
  • コンビニ
  • 飲食店

注意したいのは「Amazonでの支払いに対応していない」という点です。

そのため、atone(アトネ)を使ったAmazonギフト券の購入はできません。

なお、実店舗でatone(アトネ)を利用できるのは「ネットショップでの利用履歴が十分な方に限られています。

登録直後は実店舗でatone(アトネ)での支払いをすることができません。

審査について

atone(アトネ)の登録には審査や利用条件はありません。

atone(アトネ)の利用に必要な情報は下記だけとなります。

  • 生年月日
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号

なお、登録申し込みには本人確認書類が必要です。

本人確認書類として利用できる身分証明書は下記となります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード(写真付きのみ)

年収や借金の現状といった金融情報は不要です。

ブラックリストに載っている方でも問題なくatone(アトネ)の後払い決済を利用できます。

atone(アトネ)の現金化方法

後払いアプリ現金化のカウール

atone(アトネ)の後払い利用可能額はショッピング専用枠なので出金出来ません。

なので、現金化したい方は専門の現金化業者『カウール』のご利用をおすすめします。

カウールはatone(アトネ)や様々な後払い決済を専門とする現金化業者です。

依頼すると現金化までの流れを1~10までサポートしてくれます。

カウールの利用手順
  • LINE友達追加
  • 商品URLが送られてくる
  • 商品を購入しカウールに発送
  • 即時買取・買取代金の振り込み

購入する商品はatone(アトネ)が使えるお店の中からカウールの買取商品をピックアップしてくれるので、自分で現金化する商品を選ぶ必要はありません。

購入した商品もカウールがすぐに買い取ってくれるので、自分でオークションサイトなどで転売する手間もなくすぐに現金が手に入ります。

高橋 達也
(元現金化業者)
高橋 達也
(元現金化業者)
atone(アトネ)の現金化を効率的に行いたい方にはおすすめの業者ですので、興味がある方はこちらからお問い合わせしてみましょう。

カウールの公式サイトはこちら
カウールの口コミ・詳細はこちら

atone(アトネ)を現金化するメリット

atone(アトネ)を現金化するメリット

atone(アトネ)で現金化を利用すると、次のようなメリットがあります。

  • 支払いを翌月まで延ばせる
  • 審査が甘くブラックでも利用できる
  • クレジットカードの事前登録が不要

それぞれ詳しく見ていきましょう。

支払いを翌月まで延ばせる

atone(アトネ)の利用金額は翌月にまとめて支払います。

支払い日は、支払い方法によって下記のように異なります。

支払い方法 支払い期限 請求手数料
Loppi/Famiポート(コンビニ) 翌月10日 209円(税込)
電子バーコード(コンビニ) 翌月10日 209円(税込)
自動引き落とし(口座振替) 翌月27日 無料
はがき請求書(コンビニ) 翌月20日 209円(税込)

支払い方法に「自動引き落とし(口座振替)」を選択すれば、最長で翌月27日まで支払いを延ばすことが可能です。

現金が手元になくて困っているというときには役立つサービスと言えるでしょう。

審査が甘くブラックでも利用できる

atone(アトネ)は登録時に審査や保証人などが必要ないので、ブラックリストに載っている方でも利用できます。

「クレジットカードの後払いを利用したいけれど審査に通らない」という方も、atone(アトネ)なら後払い決済が使えます。

クレジットカードの事前登録が不要

一般的な後払い決済は事前にクレジットカードを登録しますが、atone(アトネ)は住所や氏名、メールアドレスなどを登録するだけで使えます。

信用履歴に問題があってクレジットカードを作成できないという方でも安心です。

atone(アトネ)を現金化するデメリット

atone(アトネ)を現金化するデメリット

atone(アトネ)での現金化には、次のようなデメリットがあります。

  • 初回は上限額が低い
  • 即日現金化出来ない
  • 手数料がかかる

利用する前に各デメリットをしっかり確認しておきましょう。

初回は上限額が低い

atone(アトネ)の利用上限額は最大5万円となっていますが、「最大」であるため、初回から5万円を利用できるわけではありません。

初回の限度額は3,000円~5,000円程度になることが多いようです。

初回から数万円単位の現金化をするのは不可能と思った方がいいでしょう。

即日現金化出来ない

atone(アトネ)を実店舗で利用するには「ネットショップでの十分な利用実績」が必要です。

そのため、現金化に適した商品はネットショップで購入しなければいけません。

しかし、ネットショップは商品が送られてくるまでに時間がかかります。

そのため、即日の現金化は難しいと考えた方がいいでしょう。

とはいっても、自分で現金化すると商品を受け取ってからオークションサイトに出品して売れるまで待つ必要があるのでさらに時間がかかります。

高橋 達也
(元現金化業者)
高橋 達也
(元現金化業者)
その点カウールでは即時買取してくれるので、商品が売れるまで待つ時間もなくすぐに現金を手に入れることが可能です。

カウールの公式サイトはこちら

手数料がかかる

atone(アトネ)を利用すると、209円(税込)の請求手数料が加算されます。

請求手数料は支払い金額に含まれているため、実際の利用金額よりも請求金額の方が高くなるので注意しましょう。

なお、支払い方法に「自動引き落とし(口座振替)を選択した場合は、請求手数料は発生しません。

以前は請求手数料が90円(税抜)でしたが、現在は209円(税込)に値上げされているので古い情報と混同しないように気をつけてください。

atone(アトネ)の現金化によくある質問

atone(アトネ)の現金化によくある質問

ここからは、atone(アトネ)の現金化によくある質問をご紹介していきます。

アトネの現金化によくある質問
  • 支払い方法は?
  • 支払い遅れになったらどうなる?
  • 利用上限額を増やす方法はある?

とくに知っておきたい上記3つに関する解決策をご紹介していますので、atone(アトネ)の現金化を利用する前に必ずチェックしておきましょう。

支払い方法は?

支払い方法はライフスタイルに合わせて4つの方法から選べます。

  • Loppi/Famiポート(コンビニ)
  • 電子バーコード(コンビニ)
  • 自動引き落とし(口座振替)
  • はがき請求書(コンビニ)

初期設定では「Loppi/Famiポート(コンビニ)」になっていますが、アプリから簡単に変更することができます。

支払い遅れになったらどうなる?

支払いを長期にわたって滞納した場合は「債権回収機関(サービサー)」に債権が移って督促が始まります。

つまり、atone(アトネ)ではない他の取り立て業者から督促が来るということです。

このような事態になると周囲に借金が発覚するだけではなく、他の後払いサービスが使えなくなる可能性もあります。

不要なトラブルを防ぐためにも、支払いの遅延はしないようしましょう。

利用上限額を増やす方法はある?

利用上限額を増やす方法は、支払いの遅延なくatone(アトネ)を利用し続けて信用を積み上げていく以外にありません。

利用実績が増えると限度額が上がるだけではなく、実店舗での利用も認められるといったメリットもあります。

atone(アトネ)の現金化まとめ

atone(アトネ)の現金化まとめ

今回はatone(アトネ)の現金化方法を解説してきました。

atone(アトネ)は今お金がなくてもショッピングが可能になる便利な後払いアプリでしたね。

また、今回ご紹介した現金化の専門業者『カウール』を使えば現金化も可能です。

現金化までの流れもカウールに依頼すればあとはすべてサポートしてくれますので迷うこともありません。

そんなatone(アトネ)を使った現金化はお金が必要なときにピッタリの方法なので、ご検討されていた方もぜひお試しくださいね。

カウールの公式サイトはこちら

atone(アトネ)の他に即日現金化出来るアプリはある?

atone(アトネ)の他に即日現金化出来るアプリはある?

atone(アトネ)の現金化は便利とはいっても、即日現金化は不可能です。

高橋 達也
(元現金化業者)
高橋 達也
(元現金化業者)
そこで「どうしても今日中に現金が欲しい!」という方に向けて即日現金化アプリをご紹介します。

これらのアプリであれば、即日現金化も可能ですので今すぐにお金を用意したい方はぜひお試しください。

おすすめの現金化業者を紹介!

今すぐにお金を用意するなら【いつでもペイ】

いつでもペイ
換金率 80%~
入金時間 最短5分~即日
おすすめポイント
  • 誰でも一律80%以上の換金率!
  • 平均30分の即日入金が可能!
  • 後払いアプリの換金にも対応!
口コミ評価
(5.0 / 5.0)

いつでもペイは換金率を一律80%以上で提供しています。

平均30分で入金まで対応してくれるので、お急ぎの方にもぴったりです。

また、業界でも珍しく後払いアプリの現金化にも対応しています。

今すぐにお金が必要な方はいつでもペイにお問い合わせください。

いつでもペイの公式HPはこちら